スポンサードリンク





2010年02月26日

ハープ特別講座 大阪音楽大学

2010年2月20日(土)に開催された、大阪音楽大学の特別講座を受けてきました。
特別講座のタイトルは「あの楽器に触れてみよう!第2回ハープ編」
受講料2000円。(会員は1000円)
楽器は昔やっており楽器や音楽は身近な存在だったのですが、最近は忙しさに負けて音楽すら聞かないという状況。
昔を思い出しとても懐かしい気分で講義を受けました。
NEC_3225.JPG

大阪音楽大学は阪急電鉄「庄内駅」。
講義が行われるO教室までは私の足で15分ほどかかりました。
私は歩くのが遅いので一般の方なら10分ほどで着くと思います。
初めての場所なので方向音痴の私は迷わないか不安だったのですが大丈夫でした。
音大生とみられる生徒さんが駅に向かってチラホラ歩いています。
その逆を歩いていけば案内板があるところに出ました。
かなりの方向音痴の方なら空を見上げてください。
飛行機が飛んでいるのですが、駅を降りて飛行機の進行方向に向かって歩くと間違いなく音大の建物か看板が出てきます(笑)


講師は三浦由美子先生。
音楽大学の一教室で行われました。
この特別講義というのは「習うほどではないけれど少し楽器に触れてみたい」というコンセプトでなされているものです。
本格的に楽器を習うにはお金も時間もゆとりもない私には(笑)ぴったりのないようでした^^

防音設備がなされた教室のというのはとても懐かしく何とも言えない気分になりました。
重い扉の向こうには30人ほどの受講者がいらっしゃいました。
やはり普段なかなか触ることが出来ない楽器なだけに人気が高いのでしょうね^^

先生が何曲か弾いてくださいました。
目の前で奏でるハープの音はオーケストラやテレビで見るものとは違いとても心地の良いものでした。
弦の共鳴音までしっかりと聞き取れました。
豊かな音色から繊細な音まで出る楽器だということを改めて確認することが出来ました。


ハープという楽器は「楽器」というより「器械」だそうです。
いろんな部品で出来ており年月がたつと傷んできて寿命があるそう。
バイオリンなんかですと年月が経つごとに音色が豊かになるなど良い方向に向かうので違いがあるんだなと思いました。
どちらかというとピアノと同じ類ですね。

ハープは楽器の中でも一番歴史が長い楽器だと言われているそうです。
狩猟民族が使用していた弓がハープの元の形だったそう。

ハープには2種類あります。
グランドハープとアイリッシュハープ。
グランドハープはオーケストラなどでも見かける大きいお馴染みのハープです。
アイリッシュハープは小さめのものです。
グランドハープを中心に教えてくださいました。

【グランドハープの説明と内容】
弦は47本とペダルが7本。
鍵盤でいうと弦が白鍵でペダルが黒鍵だそうです。
ペダルは2段階に音が変わるので別名「ダブルアクションハープ」ともいうそうです。

ハープの開放弦はドのシャープ。
ペダルを1段階踏むことによって半音ずつ下がります。
DSCF4040.JPG
ペダルを踏むとハープの上についている金具が回り弦の長さを調節します。
DSCF4015.JPG

曲によってあらかじめペダルを調節して調を整えておくそうです。
DSCF4035.JPGDSCF4034.JPG
お琴と同じですね。
演奏会でたまにペダルを踏みながらという光景を見たことがあるのですが、途中で変調しているものだったんですね。
説明を聞くまではピアノのダンパーペダルのようなものかしら?と思っていたので教えていただけて良かったです。

弦の種類は3種類。
高音部はナイロン弦・中音部はガット弦・低音部はスチール弦です。
ボディに使用している木は松やメープルだそうです。
楽器ですからこれはどれも同じような種類なんですね^^

グランドハープの重さは40キロほど。
ずっしりと重たいです。
会場などに移動するときにはケースに入れて運ぶため総重量が100キロほどになるそう。
自分では重たくて運べないので運送業者さんに頼んで運搬していただくそうです。

調弦は自分で行います。
ハープの裏側に飛び出している部分があるのですが、そこに専用の道具を当てて音を調節していきます。
DSCF4032.JPGDSCF4031.JPG
弦楽器なので弾いている途中で音がおちることもありその都度調弦します。
演奏中に弦が切れることもあるそうで、その時には急いで弦を変えるそうです。
だから奏者は常に47本プラスアルファの弦を持ち運びするそうです。
弦が入っているケースも見せていただいたのですが、小型のアタッシュケースのようでした。

ハープの構え方は椅子に浅く腰かけて背筋を伸ばして右肩に当てます。
テレビなどで見る限りではハープを肩に乗せて重みを支えているのかしら?と思っていたのですが、重さが肩に乗っているわけではなく軽くも重くもない状態でした。
重量が40キロもあるとは思えません。

値段は楽器なのでピンからキリまでだそうですが最近ブラスバンドでのハープが増えてきているので100万円程度でも販売されているそう。
でも一般的には日本製で100万円以上。
教室に用意されていた白色のハープはアメリカ製で300万円程だそうです。
DSCF4009.JPG
黒いハープはドイツ製のホルンガッハというもので500万円〜600万円だそうです。
DSCF4012.JPG
ホルンガッハというメーカーは今人気なので中には1000万円を超すものもあるそう。
装飾などによっても値段が変わるそうです。
DSCF4038.JPG

実際に触らせていただいたのですが、アメリカ製のものは柔らかく繊細な音でした。
ドイツ製のものは弦がしっかりしてアメリカ製のものより強くはじかなくては音が出ませんでした。
そのため音量が大きく固くしっかりした音でした。
私はこちらの方が好きだなと思いました。
楽器によって音色がガラッと変わるのも面白いと思いました。

ハープの指づかいは4本が基本。
小指は使いません。
使わないというか使えないそうです。
構えてみて分かったのですが、小指は元々短いので頑張って伸ばしても弦に届きませんでした。


ハープの特徴
異名同音(例えばミのシャープ=ファ)が同時に鳴らせるのでグリッサンドなど特徴的な奏法が出来る。
ピアノだと同じ音は同じタイミングで一音だけしか鳴らせませんが、ハープだと弦の調節次第で同時に2音鳴らせます。
オーケストラなどでハープのソロのときに豊かな音色でピアノやヴァイオリンなどのグリッサンドとは何かが違うなーと思っていたのですがこれだったんですね!
謎が解明しました^^

ハープの背面(というのかしら?奏者に近い部分です)には穴が開いていました。
DSCF4029.JPG
共鳴してここからも音が出るんですね。



【アイリッシュハープの説明と内容】
DSCF4010.JPG
アイリッシュハープの弦は24本。
グランドハープの高音部を切り取った形と考えていいとおっしゃっていました。
小型で膝の上に乗せて演奏します。
触らせていただいたのですが小さい子供を膝の上に乗せているようでみている時よりも構えたほうが愛着が湧きます。
重たくはないのですが長時間演奏していると重たくなりそうだなという感じでした。
実際、最近では椅子などに置いて演奏する方も多いとか。

アイリッシュハープの開放弦は変ホ長調(ミのフラット)
グランドハープのようにペダルはありません。
その代わりハープの上部にフックが付いており上げ下げして弦の長さを調節します。
ペダルが付いていないハープなので別名を「ノンペダルハープ」とも言うようです。

弦の種類は1種類。
素材はナイロン弦。

アイリッシュハープの重さは5キロほどです。
自分で持ち運び出来る大きさと重さでした。

アイリッシュハープの価格は10万円前後。
重量と値段が手ごろなのでこちらから始められる方が多いそうです。

【ハープの弦の色】
白・赤・青の3色です。
DSCF4018.JPG
赤はド、青はファ。
実際に触ってみてわかったのですがこの色分けがないとどの弦が何の音か判別が出来ずに困るだろうなと思いました。



【ハーピストの手のケアの方法】
弦を指先ではじくのでタコが出来ていたり固くなっているのかな?と思っていたのですがそうではありませんでした。
ハープは繊細な音が出る楽器なので指のコンディションによって音色が変わるそうです。
だからハンドクリームで保湿をして手指を柔らかく保つそうです。
またタコなどが出来るとやすりで削るなどのケアをしているそう。
演奏会の1週間ぐらい前からは手タレさんのようにお風呂に入るときにも手袋をはめて生活をするそうです。


【ハープの楽譜】
ハープの楽譜はどんなものだろうと興味が湧きましたので見せていただきました。
DSCF4041.JPG
ピアノの楽譜と全く同じものです。
右手と左手に分かれています。
ハープ独特の記号などもあるそうですが数はそんなに多くないそうです。
私は楽譜を見るまでバイオリンやフルートのような楽譜(1段だけのもの)と思っていました。
また、元の調性からして(開放弦がドのシャープ)ビオラなどのようにハ音記号かと思っていたのですがト音記号でした。
見せていただいてよかったです。


【参加した感想】
珍しい楽器を間近で見られること自体素敵なことなのに、実際に触らせていただけるなんて本当に嬉しい内容でした。
こういった試みをされている大阪音楽大学さんにとても感謝の気持ちが湧いてきました。
音大って今まで遠い存在、憧れだったのですが少し身近に感じられました。
実際に習うとなると時間とお金が必要なのでなかなか難しい部分ではありますが、こういった手軽なセミナーですと参加しやすいですので、また機会がありましたら是非とも足を運びたいと思いました。
ありがとうございました!
posted by しほ at 18:07| 美術・展覧会・展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

だまし絵展の感想 兵庫県立美術館  神戸市中央区

兵庫県立美術館で開催されているだまし絵展に行きました。
兵庫県立美術館の最寄り駅は
 JR灘駅
 阪急王子公園駅
 市営地下鉄・山陽・神戸電鉄岩屋駅
高槻市からならJRが早くて便利です。

兵庫県立美術館の行き方はJR灘駅を下車すると道なりにまっすぐです。
DSCF3610.JPG
徒歩10分程度。
坂道を下りきったところに兵庫県立美術館があります。
DSCF3611.JPG
DSCF3612.JPGDSCF3613.JPG

私が行ったのは日曜日。
チケット売り場は10分待ちでした。
事前にチケットを購入していたので並ばずスムーズに入れました。
NEC_2668.JPG

館内は大変混雑していました。
日曜日の12時ごろだったのでピークの時間だったのでしょうか?
美術品を見るより人間の数の方が多かったです(笑)
スリ足で歩かないと他人の足を踏んでしまいそうでした。

入口には大人向けの作品リストの他、子供向け鑑賞用ワークシートがありました。
NEC_2669.JPG
とてもわかりやすく解説されており、文字も大きく見やすいです。
子供だけでなく大人でも参考になりますよ。

目の錯覚が楽しめるので展示品はとても面白く大人から子供まで楽しめます。
美術館でこれだけ賑やかなのはあまりないでしょう。
もちろん絵画としても素晴らしく贅沢な空間でした。

私はエッシャーが大好きなので20世紀の絵画が特に楽しみでした。
会場の一番最後のコーナーなので、20世紀絵画を楽しみにされている方は余力を残して回られた方がいいですよ^^

迫力があったのは大きな顔、チャッククローズ「ジョー」
写真家と思えば絵画です。
驚きでした。

そして一番心がワクワクしたのが動く絵画、パトリックヒューズ「水の都」
遠目で見ると絵がついてくるのです。
仕掛けを知らなかったので、絵の前で行ったり来たり屈伸したりしてしまいました。
遠近法を利用した面白い作品です。
ミニチュア版があれば家で飾りたい!と思ってしまうほど。

私は美術展などに出かけると必ず図録を購入します。(2200円)
NEC_2670.JPG
だまし絵展の図録の表紙は、一般的なものと違いシンプル。
可愛らしいお花やフルーツが描かれているだけ。
一般的な図録の表紙は、展覧会の代表作品が表紙に来るものですが。。。

と思い開いてみるとしてやられました^^
NEC_2671.JPG
代表作のジュゼッペ・アルチンボルドの「ウェルトゥヌス(ルドルフ2世)」がありました。
ここまで抜かりがないというのは嬉しい限り^−^

2200円で家でも楽しめるのはお得感がありました。

いつもその場で購入するのですがインターネットからでも購入できるようです。
兵庫県立美術館のホームページ(http://www.artm.pref.hyogo.jp/zuroku/t0908.html)から申込可能。
振込などの手間と手数料などがかかり高くつきますが、重たくてかさばる図録を持ち歩かなくていいので便利ですね。





だまし絵展
開催期間:2009年8月26日(水)〜11月3日(火・祝)
開館時間:午前10時から午後6時(金・土曜日は午後8時まで) 入場は閉館30分前まで
入場料
 一般1300(1100)円 
 大・高生900(700)円 
 中・小生500(300)円
( )内は前売りおよび20名以上の団体割引料金
※兵庫県内に在住・在学の中・小生はココロンカードの提示により無料
※障害者の方(介護の方1名も)および兵庫県内在住の65歳以上の方は当日料金の半額


兵庫県立美術館
所在地:〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1丁目1番1号
電話番号:078-262-0901
FAX:078-262-0903
posted by しほ at 00:14| 美術・展覧会・展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

ハローキティ展 HelloKitty そごう神戸店

そごう神戸店のハローキティ展に行ってきました。
ハローキティ展は9月23(水)までそごう神戸店で開催中。
行き方はJR・阪急三宮駅下車。
持っていった方がいいものはカメラ。
撮影禁止だと思ってデジカメを持参しなかったんですよ。
だから携帯で写真を撮ったんですが・・・。
ハローキティ展は撮影可能なのでキティファンなら綺麗な画像で撮影した方がいいですもんね。
NEC_2533.JPG

ハローキティ展を見た感想はキティちゃんは老若男女に愛されているキティなんだ^^と実感。
平日のお昼にもかかわらず大勢のお客さんが見に来ていました。
一人で、友人と、親子で、デートで、夫婦で・・・。

ハローキティ展の開催場所はそごう本館9階。
入場料が必要ですが無料になる方法があります。
(一般=700円、大学・高校生=500円、中学生以下無料)
そごうホームページ(http://www2.sogo-gogo.com/kobe/kitty/)にアクセスするとこんなQRコードがあります。
mobile.gif
そこからアクセスすると無料チケットが手に入りますよ。

有料でチケットを購入した方には、チケットの半券を見せるとハローキティオリジナルメモ帳がもらえるそうです。
ノベルティが欲しい方はチケットを有料で購入した方がいいですね。



展示内容は昔懐かしいキティちゃんグッズ。
会場では
「あ、昔これ持ってた!」「こんなグッズがあったんだ!」などいろんな感想を口ぐちに述べていました。
私もその一人ですが(笑)
NEC_2534.JPG
会場ではキティ好きが集まっているので和やかな雰囲気。
可愛いものの前では、みんな可愛くなるんですね^^
NEC_2536.JPGNEC_2537.JPGNEC_2538.JPGNEC_2539.JPGNEC_2540.JPG

ハローキティ展の感想は、キティがさほど好きでなくても楽しめます。
私はキティはそんなに好きではないのですが、連れて行った母が大ファンなんですよ。
いわゆるキティラー^^

本当に幸せそうな顔を見ているとこちらまで幸せな気分になれました。
少しは親孝行できたかしら。

NEC_2541.JPGNEC_2543.JPGNEC_2548.JPG

キティ好きの彼女を持つ男性は、ぜひ連れて行くべきですよー。
可愛い彼女のまばゆいばかりのかわいらしい笑顔が見れますから^^

今回の見どころと言われる税込1575万円の「スーパー・ハローキティ・ジュエルドール」
NEC_2552.JPG
ダイヤモンド1個
ホワイト・トパーズ1,939個
ピンク・サファイア403個など、
計2,346個の石を使ったハローキティのドールです。
高さ10.5cm・重量56g


税込120万円、35体限定「ハローキティ純金フィギュア」
NEC_2551.JPG
私なら同じグラム数の金がいいかも。
でも売りに出すならプレミアが付くからやっぱりこちらですかね(笑)

どちらも購入時にはそごうポイントは付かないそう(笑)
誰が購入されるのでしょう。。。

ハローキティ展 HelloKitty そごう神戸店
所在地:〒651-8511 兵庫県神戸市中央区小野柄通8−1−8 そごう本館9階
電話番号:078−221-4181(大代表)
開場時間:10時〜20時(最終日は18時閉場)
開催日程:2009年9月16日(水)〜23(水・祝)まで
入場料:一般=700円 大学・高校生=500円 中学生以下無料
posted by しほ at 22:08| 美術・展覧会・展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

ルーブル美術館展17世紀ヨーロッパ絵画 京都市美術館レポート

ルーブル美術館展に行きました。
NEC_2282.JPG
場所は京都市美術館。平安神宮のそばです。
開催日程 2009年6月30日(火)〜9月27日(日)
入場時間 午前9時〜午後5時 入館は午後4時30分まで
休館日 毎週月曜日(7月20日・9月21日は除く)

<京都市美術館アクセス・行き方>
●車
神宮通×二条通
駐車場は岡崎公園駐車場。
1時間500円、以降30分ごとに200円、最大1400円。

●JR京都駅
北側の市バスターミナル、A1乗り場から5系統岩倉行き(約30分)
D1乗り場から100系統銀閣寺行き「急行」(約25分)
「京都会館美術館前」下車

●地下鉄
烏丸線京都駅〜「烏丸御池」駅乗り換え、地下鉄東西線「東山」駅下車徒歩10分

●阪急電車河原町駅
四条河原町バス停から市バス5系統岩倉行き・32系統銀閣寺行き・46系統平安神宮行き(約10分)
京都会館美術館前下車
[6番出口あがって左・・・46系統バス停]

●京阪三条駅
市バス5系統岩倉行き(約5分)
京阪三条駅・・・三条京阪前バス停―市バス5系統岩倉行き(約5分)
京阪祇園四条駅・・・四条京阪前バス停―市バス46系統平安神宮行き(約10分)
京都会館美術館前下車


<見どころ>
ルーブル美術館展17世紀ヨーロッパ絵画ではルーブル美術館35万点の中から選りすぐりの71点を展示しています。
17世紀の絵画を中心に宮廷画や宗教画など写実的な作品です。

出展作品71点のうち60点が日本初公開。
(フェルメール「レースを編む女」ルーベンス「ユノに欺かれるイクシオン」など)
ルーブル美術館をはじめて出る作品が30点。
(レンブラント「縁なし帽を被り、金の鎖を付けた自画像」シモン・ヴーエ「エスランの聖母」など)

額縁付の絵画も見ものです。
シンプルな額縁や装飾彫刻が豪華なもの。
作品と合わせて見るのも楽しいです。


●17世紀とは?
日本では江戸時代初期。
ヨーロッパの17世紀を一言でいえば絢爛豪華・変動の時代
17世紀は科学技術革命が進み、植民地が増えることで世界観が広がる。
聖人信仰というキリスト教における古代回帰の動きも見られる。
科学革命の世紀とも言われデカルト、ガリレオ、ニュートンなどの科学者が活躍。
社会がめまぐるしく変動した時代です。
一方庶民は戦争や飢餓などで苦しむ面もあり17世紀の絵画にはそういったものを描いた作品も多々ありました。

17世紀のヨーロッパ絵画といえばレンブラント、ベラスケス、フェルメール、ルーベンス、プッサン、ラ・トゥール・・・。
ルーブル美術館展ではヨーロッパ絵画史上「黄金の世紀」と呼ばれる時代を彩る画家たちの作品が鑑賞出来ます。

<ルーブル美術館展を見た感想>
平日14時頃から観賞しました。
NEC_2281.JPG
夏休みに入っているので人出の多さは覚悟していましたが思ったよりも少なかったです。
私が行った時には入場制限や行列はありませんでした。
しかし有名な美術展だけに、普段の美術館の様子と比べるとかなり見ずらいです。
しょうがありませんね^^;

一つの作品をじっくり見ることは出来ませんが、かといって全く見られないということもありません。

ルーブル美術館展のチケットやポスターにも印刷されていたフェルメールの晩年の作品「レースを編む女」は意外と小さい作品でした。
NEC_2291.JPG
A4位の大きさかしら?
小さい作品でありながら受ける印象は大きな作品と何ら変わらない迫力でした。
迫力といっても押しつけがましいものではなく、目を引き付けて離さない、そして見終わった後にも何かしら余韻が残るものでした。


約1時間30分の鑑賞時間。
71点という作品の数はあっという間に見終わり物足りない印象を受けました。
全てにおいて素晴らしいことは間違いないのですが、ぎゅっと凝縮されすぎていてじっくり味わえないのが理由かしら?
東京では一度に見ることが出来た作品も関西では京都と大阪に分散されているというのも理由でしょう。
人が少なくなった時期にまた再訪するつもりです。

ルーブル美術館展の全体的な印象としては17世紀の陰と陽を肌で感じられる素晴らしい作品ばかりでした。
華やかさの中の影、暗闇の中の希望。
見終わった後に静かに、かつ確実に余韻を残すものでした。

美術展に行くと必ず購入するカタログ(2500円)。
NEC_2292.JPG
家でも余韻に浸っています。
実際の作品を見ている時に分からなかったことなどが学術員の方の解説を読むと作品の理解度が一層深まります。



posted by しほ at 01:27| 美術・展覧会・展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

イングリッシュガーデンショウ 大阪 大丸心斎橋店

大丸心斎橋店で開催中のイングリッシュガーデンショウを見に行きました。
フラワー好きの母を連れて^^


開催日程:2009年4月8日〜13日
場所:大丸心斎橋店7階・屋上

私は花にはあまり興味はありませんがこうやって眺めるのは好きです。
自分で活けたり庭に植えたりするのが苦手なだけのようです。

室内での展示は素敵でした。
いろんな草花が所狭しと並べられていて、心なしか空気も綺麗な感じがしました。
マイナスイオンが発生してるのかしら?

花があると皆優しい気持ちになれるのかなと、来店されている人たちを見て思いました。


屋上ではバラなどが植えられており販売会も兼ねているようでした。
日差しが強い中たくさんの人が熱心に見ていました。

母も普段見ることが出来ないような草花を見つけて喜んでいました。

屋上にあるセミナールームでセミナーを受けてきました。
私は生花やアートフラワーの知識があまりないので説明は出来ませんが、面白いなと思いました。
普段あまり目にすることがない活け方だったので。。。

シュロの間に花を生けています。
茎は見えないようにするのがポイント。
NEC_1659.JPGNEC_1660.JPGNEC_1661.JPG 

花台の上にお皿を何枚か載せてその間に花を生けています。
お皿が花止めになるようです。
イングリッシュガーデンショウセミナー.JPG


大きく長い葉っぱをトイレットペーパーほどの幅に切ってホチキスで留めます。
それをくるくる巻いていき器に入れ、巻いた隙間に花を挿していきます。
NEC_1662.JPGNEC_1663.JPGNEC_1665.JPG

木の枝のようなものをカゴ状に編み、その中に花をまとめて入れる、いわばブーケのようなものでした。
NEC_1664.JPG


中には熱心にメモを取られている人もいたので、お花を習っている方には役に立つんだろうなと思いました。

7階の展示室を出たところに花にまつわる商品がたくさん販売されていました。
バラのジャムを見つけたので購入。

やはり私は食べることの方が好きなようです^^笑
posted by しほ at 00:00| 美術・展覧会・展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。