スポンサードリンク





2011年04月09日

まほろ駅前多田便利軒 ネタばれあり

まほろ駅前多田便利軒(まほろえきまえ ただべんりけん)の試写会に行きました。
日時:2011年4月9日(土)14:00〜
試写会会場:関西テレビ1階なんでもアリーナ
<関西テレビ1階なんでもアリーナ 場所・アクセス>
所在地:〒530-8408 大阪府大阪市北区扇町2丁目1番7号
アクセス:
 地下鉄堺筋線「扇町」駅より地下連絡路で直結
 JR環状線「天満」駅より徒歩1分
 JR「大阪」阪急・阪神「梅田」駅より徒歩約15分


<まほろ駅前多田便利軒 内容>
製作年: 2011年
製作国: 日本
日本公開: 2011年4月23日(新宿ピカデリー ほか)
上映時間: 2時間3分
配給: アスミック・エース カラー/ビスタサイズ
原作:まほろ駅前多田便利軒 (三浦しをん)


◆スタッフ
監督・脚本: 大森立嗣
原作: 三浦しをん
音楽: 岸田繁
主題歌: くるり キャスト

◆出演
瑛太:多田啓介
松田龍平:行天春彦
娼婦ルル:片岡礼子
小学生:横山幸汰
鈴木杏・本上まなみ・柄本佑・・田中遥奈・吉本菜穂子・中村優子・三浦誠己・梅沢昌代・大森南朋・松尾スズキ・麿赤兒・高良健吾・岸部一徳他


<まほろ駅前多田便利軒とは>
2006年に第135回直木賞を受賞した作品(『週刊文春』の連載小説)が映画化。
2008年に漫画(山田ユギ)の連載が開始。
東京都町田市をモデルにした架空の町「まほろ市」が舞台。
作者の三浦しをん氏は10歳からの20年以上を町田市内で過ごしたことがベースとなっている。
町田市民にしか分からない表現や思わず納得してしまう感覚が溢れているのが町田市民の方には見どころ。


<まほろ駅前多田便利軒のあらすじ>
ある都市の正月、便利屋 多田啓介と、そこに転がりこんできた高校時代の同級生 行天春彦との奇妙な同居生活が始まる。
どちらもバツイチ。
自称コロンビア人の娼婦(しょうふ)ルル(片岡礼子)や、ヤバいアルバイトに手を出す小学生の由良(横山幸汰)など、二人は便利屋稼業を通して奇妙な客たちの人生に深くかかわっていく。
殺伐とした現代社会に生きる人々にとっての小さな幸福のカケラを丁寧に淡々と描き出している映画。


<まほろ駅前多田便利軒を見た感想>
なかなか面白い映画でした。
見るまではあまり興味がなかったのですが、見ているうちに引き込まれるといいますか。
でも、映画館でもう一度見たいというほどではありませんでした。





posted by しほ at 00:00| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。