スポンサードリンク





2010年05月28日

シーサイドモーテルを見た感想

シーサイドモーテルの試写会に行きました。
場所は大阪、淀屋橋の朝日生命ビル8階。
地下鉄御堂筋線の12番出口を上がってすぐなので迷わず行けました。
シーサイドモーテルの試写会は18:00会場18:30開演でした。

予告であらすじや内容を少し調べて行ったのですが面白いということだったのでとても期待して行きました。
今まで気がつかなかったのですが、私は元々お笑いとかコメディが大好きなので映画のジャンルもそういったものが好みなんだと思います。


<シーサイドモーテルのあらすじ・ストーリー>
ネタバレにならない程度に。。
海もないのに「シーサイド」と名づけられた山奥のすたれたモーテル。4つの部屋それぞれにストーリーが展開されていきます。
男女11人が偶然同じ時、同じホテルに泊まったひとコマひとこまが面白く、かつミステリアスに描かれています。
登場人物は悪徳セールスマン・コールガール・借金まみれのギャンブラー・借金取りのヤクザ・EDに悩む社長とその妻・キャバ嬢とそのお客・・。
個性の塊のようなキャラクターが次々に登場します。
生田斗真、麻生久美子、山田孝之、成海璃子、玉山鉄二、温水洋一、古田新太ほか豪華キャスト。
監督は「スクールデイズ」(05)の守屋健太郎、原作は岡田ユキオのコミック「MOTEL」。
untitled2.bmp
(C) 2010『シーサイドモーテル』製作委員会

<シーサイドモーテルを観た感想>
キャッチコピーは
『海もないのにシーサイドのなず蹴られた山奥のさびれたモーテル。そこに偶然集まった一癖も二癖もある11人の男女。運命の位置やは急展開、複雑に絡まりあう4つの密室。朝を迎えるとき無事にチェックアウトするのは誰だ?人生をかけただましあいへLet'sチェックイン!』
ということなので、映画を見るまで11人がホテルに監禁というか閉じ込められて脱出するゲームなのかと思っていました。
脱出成功して喜ぶストーリーかと^^;

全然違いました(汗)

4つの部屋それぞれにストーリーが展開していき、それぞれの部屋でストーリーが完結しているんですね。
でもそれぞれの部屋がばらばらの話というわけではなく、同じ時勢でそれぞれの部屋でひとつの事柄を共有していたり、それがきっかけでいろんな展開に発展していきます。
上手く説明出来ませんがとても面白かったです。
元々私はドラマでも映画でもストーリーを理解するのに時間がかかるタイプで場面展開が速かったり登場人物がたくさん出てくると、それだけでパニクってしまって全く内容が理解できないタイプなのですが、シーサイドモーテルはこんな私でも十分内容が理解出来てとても楽しめました。

流れているテレビコマーシャルが別の部屋にいる社長さんの会社だったり、車のラジオから流れているニュースは自分に関係ないと思っているけれど実は密接にかかわっているとか、壁にかかっている絵が最後には意味があるものになったりいろんなところでひそかにつながっているというのが興味深かったです。

車やナンバープレートも興味深かったです。
日本が舞台だと思うのですが(外国が舞台なんでしょうか?)外国のナンバープレートのようなんですね。
車の種類いろいろでいつの時代で舞台はどこなんだろうと思うものばかりでした。
気がついたのが遅かったので実際はどうなのかわからないのですがこれも意味があるのかもしれないなと思いました。
(いただいたパンフレットによると非日常を作り出す演出ということらしいです)

映画とは関係ないのですがキャンディ演じる麻生久美子さんのお顔とお声が中山美穂さんに似ているなーとずっと思っていました。
以前サヨナライツカを観たので余計にそう思ったのかもしれません。


映画の中では指を爪切りで少しずつ切っていくという残酷なシーンがあったり登場人物が亡くなったりするのですがなぜか悲壮感やむごさをほとんど感じませんでした。

結果的にはハッピーエンドではないのに映画を観終わった後にはなぜか不思議と爽快感や心地よさが残る不思議な映画でした。

一度見ただけで十分楽しめるのですが2度3度見ることによって常に新しい発見が出来そうな映画だと思いました。
2時間弱の映画でしたがとても面白かったのであっという間に終わってしまいました。
私は普段、映画は一度見たら満足なのですがシーサイドモーテルはもう一度映画館で見てみたいと思いました。

untitled.bmp
(C) 2010『シーサイドモーテル』製作委員会
シーサイドモーテル
劇場公開日2010年6月5日


監督:守屋健太郎
製作:浦谷年良、藤島ジュリーK.、永田勝治、豊島雅郎、安西崇、杉田成道、堀内勉、斎藤正明
プロデューサー:藤村恵子
原作:岡田ユキオ
脚本:柿本流、守屋健太郎
撮影:鰺坂輝国
美術:磯見俊裕
編集:石川浩通
音楽:YOUR SONG IS GOOD
製作国:2010年日本映画
上映時間:103分
配給:アスミック・エース
ラベル:映画
posted by しほ at 01:34| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

2010年(平成22年)万博お祭り広場ガレージセール

2010年(平成22年)5月5日(水祝)子供の日に開催された万博お祭り広場ガレージセールに出店しました。
フリーマーケットで出展するのは2回目です。
2回目と言っても1度目は地元の小さなフリマとお手伝い程度のものだったので(出店される方が買い物に行くときにお店番をする程度)初めから最後まで携わったのは初めてでした。
またフリマにも1度しか行ったことがないので本当に貴重な体験でした。
初めての記念なので日記で残しておきたいと思います。
感想や反省点は私が感じたものなので他の方のご参考にはならないかもしれません。。
参考にしようと思われている方がいらっしゃったら最初にお詫びします。

『2010年(平成22年)万博お祭り広場ガレージセール』
会場:万博記念公園。
行き方:大阪モノレール「万博記念公園」駅下車
お祭り広場の場所:太陽の塔の丁度真裏(背中側)
NEC_3704.JPG

開催時間 9:30〜16:30
出展者搬入時間 7:30〜8:30
フリーマーケットの入場料:
大人(中学生以上)350円
小学生100円
入場料とは別に万博自然文化園入園料が必要。
大人(高校生以上)250円・小中学生70円

出店ブース:300ブース(予定)
車両出店 1ブース:間口6m×奥行3.7m→6,500円
手荷物出店 1ブース:間口3m×奥行 3 m→3,000円
2ブース以上の申し込みも可能なので私が見た感じでは業者の方も多いような気がしました。
大きなトラックでハンガーなど衣料品店に置いてあるようなもので品数も豊富で驚きました。
最近のフリマってこうなんですね。

出店料金にはガレージセール入場料の大人2名分が含まれています。
3人目から追加入場料が必要。

<フリマ出店に際して事前準備>
毎日のお掃除のついでに不要品をまとめて出すようにしました。
紙袋にポイポイ入れていったのですが、大きな段ボールなどにカテゴリ別に分けて入れたほうが後で作業しやすいということが分かりました。

値札は商品に直接シールやタグをつけました。
タグは友人が単語帳に麻紐を通して作ってくれたものを使用しました。
アクセサリーなどは厚紙を小さく切ったものに針で糸を通して作りました。
コルクボードに画びょうをさして引っかけて陳列したのですが見やすかったようでこれは成功でした。
風が吹くと倒れたのでこれは何とか改善した方がいいと思いました。

お金は小銭で6千円ほど千円札で13000円用意しました。
こんなに必要ありませんでした(笑い)
フリマでお買い物をされる方は慣れていらっしゃるので5千円札や1万円札など大きなお金を出す方は一人もいらっしゃいませんでした。
次回は一万円が入った時用の千円札10枚と小銭で3000円程度でいいかもしれないと思いました。

お金は小さなポーチに入れて肩から斜めがけにしていました。
これが翌日の肩こりを呼ぶ大きな原因でした。
小銭がどんどん増えるので重たいのなんのって!
家に帰って計ったらお金だけで1キロはありました!
他にも携帯や自分の財布など細々したものも入れたので2キロはあったと思います。
ウエストポーチにした方が重量が分散されるような気がします。

フリマの収入は約1万円もありました。
出店料と入場料で一人当たり2000円だったので出店に関する経費や食事代が出ればいいなと思い目標金額は4000円だったので大幅な利益が出来ました。
他の方がどのぐらいというのを全く知らないのでこの金額が人と比べて多いか少ないかわからないのですが私にとってはとても大きな金額です。
多分ビギナーズラックだと思うのですが^^
それと一緒に行った友人夫婦と友人が出品されていたものが質が良く量も豊富だったのでそこに集まったお客様が私が出しているものもついでに見てくださったというのが最大の要因だと思います。
私一人だったら目標金額まで達していなかったと思うので友人たちに感謝です。

主人のお誕生日が近いのでこれでお金の心配をせずにお祝いが出来ます^^
1万円あればランチとプレゼントまで選べますね♪
ここのところずっとお金がなかったので本当に助かります。
NEC_3705.JPG

<フリマの反省点と今後の攻略法など>
●出店に関しての反省点
私たちは車両出店を選びました。
4人(友人夫婦とその友人と私)なので荷物が多かったからです。
車を止めても十分に商品が並べられるスペースがありました。

時間があれば他の店舗でお買い物もしたかったのですが嬉しいことにお客様がひっきりなしに来てくださったのでその余裕はありませんでした。
なので他の店舗の状況がほとんど分からないので、私の目線が届く範囲の感想なのですが、車両でこられている方は車の影になるところは日陰が出来るのですが、手荷物入場の方は全く影がないところが多くてとても暑そうでした。
この日は最高気温が28℃だったので影が出来ても暑くて水分を取ってものどの渇きが全然収まりませんでした。

多分フリマ慣れしている方はパラソルやテント(屋根?)を張っている方もいたのですが私たちもそうすればいいと後悔しました。

あらかじめ商品に値札をつけていったのですが、小さいと「これいくら?」と聞かれることも多かったので、大きく遠目から見ても見やすいようにすればよかったと反省。
その場で紙にマジックで書いたので雑になってしまいました。
事前に用意した方が良かったです。
値段を細かくつけるよりも100円箱などを作ってまとめて陳列した方が良かったと思いました。

新品の商品もかなりあったのですが値札を取ってしまったものが多かったので新品と分かりずらかったようです。
これからは購入したものは使用する直前に値札を外そうと思いました。

また新品のものはコメントなどをつけて分かるように出品したらよかったと反省。

ずっと立ちっぱなしだったのでとても疲れました。
椅子も持参したのですが座る暇がありませんでした。
ブルーシートを敷いていたので靴を脱いでいたのですが靴下が真っ黒になってしまったので捨てました。
帰宅して速攻お風呂に入り寝てしまいました。
翌日は全身筋肉痛と肩こり。。
次回への反省点が思いつきません。。

大きいもの、かさばるもの、重たいものはお買い物を躊躇される原因だということが分かりました。
よく考えてみれば自分が逆の立場だと大きいものを持って電車に乗りたくないですもんね。
質がいいものやほぼ未使用のものを持っていったのですが大きいというだけで売れずに最終的にはただで差し上げたものもありました。
次回は自分で手で持てる範囲の商品にしようと思いました。

値段的にはどんな商品でも500円を超えると高級品に入るような気がしました。
売れ筋はどんな商品でも100円でした。
最終的に10円にしたらそれなら買っていこうというお客様は多かったですがなんとなく悲しい気分になりました。
一度も使用していないものが10円・・・。
そんなものですよね。

ブランド(洋服に限らず食器なども)や生産国で選ばれるお客様は、一つその商品をお選びになると関連する商品をお聞きになりました。
ラインなどをそろえて出品するとお客様もお喜びになるし私も嬉しい気分になるということが分かりました。
私はたち吉が好きなので未使用の食器を持っていったのですがまとめ買いをしてくださるお客様が多く嬉しかったです。
そうでないものは売れ残りましたが。。

電池が必要なものは電池を入れて販売すると購入につながることが分かりました。
NEC_3706.JPG



●食事に関しての反省点
こんなに忙しくなると思っていなかったのでお昼ごはんはゆっくり食べられると思っておりコンビニでパンを買っていました。
事前に購入していただけよかったのですが、炎天下で水分が失われた状態ではパンはパサパサして食べずらかったのでゼリー状の栄養補助食品などにすればよかったと反省。

ドリンクは1リットルのペットボトルを購入したのですがすぐになくなってしまいました。
会場ではいちいち買いに行かなくてはいけないので時間のロスになりましたし、値段もスーパーで買うより高い。
節約のためにフリマを利用するので(笑い)ここは自宅からお茶を水筒にたっぷり入れて持っていくべきだと思いました。


●意外に驚いた点
混雑しているし扱っているものが小物が多かったので絶対に万引きがあるだろうと思っていました。
でもわざわざ入場料を支払ってまで来られるお客さまなだけあって万引きは一切ありませんでした。

値引きもすべてのお客様が言ってこられるだろうと思っていたのですが何割かのお客様はつけた値段で買って行かれました。
もともと破格でつけていたので値切られる方が私としては痛手だったのですが値切らない方こそ値引いてあげようという気持ちになるということが分かりました。
何で値切らないのかお聞きしてみると「お安い値段なのにさらに負けてというのが申し訳ないから」というお答えでした。

オープンしてすぐのお客様は購買意欲がすごくて驚きました。
アクセサリーを中心にお買い物をされている方は専用のルーペまで持参したり。
この方だけではありませんが何かご専門にされている方が多いのかお話していると知識が豊富なのに驚きました。
もっとたくさんの話を聞きたいほどでした。


●次回はマネしようと思ったところ
カテゴリー別に出店されているところはお客様が多く立ち寄っていたように思います。
私たちは各々いろんなものが多く(私は小物、友人夫婦は子供服など、友人は洋服)お客様がバラけてしまったのですが、近くのブースを見てみると洋服だけ、おもちゃだけ、日用品だけと出店する商品を絞って出されているところは常に人だかりが出来ていました。
私も鞄や洋服、靴を少しは持参したのですが、小物が多い私の場所ではあまり目が行かずほとんど売れませんでした。
衣類と靴が多い友人に差し上げて販売してもらったところ便乗して購入してもらえました。
私の収入にならないのは残念でしたが(忙しくてどれをいくらで売ったかわからない状態でしたから)売れ残りが少なく、自分の場所ではきっと余っていただろうと思うと友人に渡してよかったと思いました。

私たちのブースで言えばやはり子供服と洋服はお客様が立ち寄りやすく、小物はなかなか。。
次回は洋服を重点に出店したいと思いました。

お買い物をされる方は売り子さんの姿や雰囲気を見てどんな商品を扱っているのかを識別されているようでした。
お隣のブースは子供たちでおもちゃを販売していたのですが、同じような年代の子供さんがたくさんお買い物をされていました。
私は子供っぽいものが趣味なので子供さんが好きそうな商品もたくさんあったのですがやはりお子さんはおばちゃんのところは覗きにくいでしょうね^^;
また、父のパンツなども持っていったのですが男性にはあまり気が付いて頂けず。。
自分にあった商品を扱うということも大切だなと思いました。


また思い出したら追記します。


posted by しほ at 02:56| フリマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。