スポンサードリンク





2010年03月29日

快・食・健・美フェスタ2010に行きました

2010年3月23日に大阪市都島区の太閤園にて開催されました『快・食・健・美フェスタ2010』。
皆さま行かれましたでしょうか?
私は行ってまいりました^^

HPにも書かれていましたように、雨がそぼ降る中過去最高2600人を超える方が参加されたそうです。

私はお昼ごろに行ったのですが本当にたくさんの方がいらっしゃって人気の高さが伺えました。

無料で頂ける商品もあり私はこちらを頂きました。

kaisyokukenbi2010.JPG

・東海漬物 きゅうりのキューちゃん
・マルコメ 液みそ
・シーボン 美容液
・REIKO KAZKI 化粧水と化粧下地のサンプル

<東海漬物 きゅうりのキューちゃん>
私は普段お漬物を頂かないのですが、こういうものは便利だなと思いました。
小さな食べきりパックで、少し食べたいと思う時にぴったりの大きさです。
お弁当にも持って行けそうな手軽さがいいなと思いました。

<マルコメ 液みそ>
ずっと使ってみたいと思いながらなかなか。。
商品は大きいので使い切れなかったら勿体ないと思っていたのでお試しサイズを頂けて良かったです。
だしは入っていないそうですがそのままでもおいしかったです。
おみそ汁だけでなく炒め物にも手軽に使えるそうで忙しい主婦の方にはお役立ち商品になりそうな予感♪

コスメ類はまだ未使用です^^;
シーボンさんは、肌チェックをしていただいた後に自分に合ったサンプルをくださいました。

REIKO KAZKIの化粧水と化粧下地のサンプルは、化粧水と化粧下地をてのひらで混ぜて使用するという、今までになかったタイプ。
会場で手の甲でお試ししていただいたのですが肌に薄く密着して軽い付け心地でした。
カバー力もあります。

セミナーにも参加させていただいたのですが、一般の方がモデルさんになってかづきれいこメイクを体験なさっていました。
ご自身でなさっていたメイクも素敵でしたが、REIKO KAZKIメイクを施すと自然な美しさが引き立つような仕上がりになっていました。



「めーるリビング登録キャンペーン」ということで来場者限定! えるこみ・めーるリビング登録キャンペーンを行っています。
快食健美フェスタ2010に来場された方で3月31日(水)中にメルマガに登録すると抽選でプレゼントがあるそうですよ!
まだ未登録の方はこちらからどうぞ♪


posted by しほ at 00:04| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

映画NINEを見てきました

2010年3月19日より公開の『NINE(ナイン)』を見ました。
私は普段映画をほとんど見ません。
興味がないわけではないのですが。。
お恥ずかし話、理解力に乏しいので登場人物を覚えたりストーリーが理解できないんです。。
今回はご縁があってチケットを頂いたので主人と見に行きました。

NEC_3371.JPG

こんな私なので映画デートというのはほとんどしたことがありません。
若い人たちに交じってスクリーンを見る^^
とても新鮮なお出掛けになりました。
ありがとうございました。

映画の内容です。
ネタバレするほど詳細に書けませんのでご安心を^^
パンフレットやHPによるとこんな感じの紹介でした。

監督は「シカゴ」のロブ・マーシャル。
2010年アカデミー賞最有力の作品だそうです。
舞台はイタリア。
天才映画監督のスランプ。
愛を選びきれない男。
彼を見つめ続ける9つの愛。
世界は女と男と愛で出来ている。


キーワードはフェデリコ・フェリーニ監督の『8 1/2』(1963年にアカデミー賞受賞)をミュージカル舞台へ発展させた『NINE』(1982年に初演)。
これをご存じの方にはかなり楽しめる作品なんだろうなと思いました。

私は全く存じ上げていなかったのですが、幸いなことに知識がなくてもとても楽しめる映画でした。

イタリアのファッション、車、風景。
美しい女性たち。
実際にミュージカルを見ているような歌や踊りのパフォーマンス。
これだけで十分^^
何より華やかさが魅力的でした!
現実を抜け出して夢の世界にいるみたいでした^^

女性・男性を問わず楽しめる映画ではないでしょうか?


映画の大まかなストーリーは「天才監督が台本を書けない」という分かりやすいものだったので、理解力に乏しい私でも十分に理解が出来ました。
(話に深い部分が含まれているとしたら、やはり読み取れていませんが・汗)


私は綺麗なものが大好きです。
だから女性の美しい人を見るのも大好き。
でも現実では道ですれ違った程度の美人をじっと見入ることなんで出来ませんよね。
この映画では美しい女性がたくさん出てきます。
大スクリーンで映し出される女性たちを見ていると(自分の醜さに悲しくなることはさておき)本当に目の保養になります。
体のしなやかさとラインの美しさ、しぐさのひとつひとつまで素敵です。
刺激がない毎日の生活、怠惰になってしまっているのは自分の環境のせいではなく、こういった「女性」という自覚のなさが原因なんだなと再確認させていただけました。
私が彼女たちの足元でさえも目指すのは到底無理な話(お笑いですらあります)ですが、今日目に焼き付けた美しさを心に置いていれば、太って醜くなった私も少しは人並みに近づけるかしら?と思いました。


イタリアというと憧れの地。
昔のことになりますが旅行をしたことがあります。
本当に街全体が美術品のようで日本しか知らない私にとっては天国のような雰囲気さえ感じました。
数日の滞在ではありましたが、いつかまたゆとりが出来たら訪れたい土地という感想を持っていました。
なかなか実現はしないのですが、今回「NINE」を大スクリーンで見て実際にイタリアに行ったような気分になりました。

パンフレットによると数か所はセットだというから驚きです!

私は車も好きなのですが(女性同様ラインが美しいですからね)イタリアでイタリアの車を見る景色は本当に美しいと感じました。
アルファロメオ!
本当に景色に溶け込んでいました。
日本では味わうことが出来ない感動を映画で見ることが出来て嬉しかったです。
これがまた映画の中で見ることが出来て本当に嬉しかったです。


音楽やダンスはとても軽快でスクリーンを見ながら私も一緒に踊りだしたい気分でした。
(踊れませんが・笑)
実際に一緒に踊れば私も少しは痩せられるかななんて思ってしまいました^^
(それ以前に激しいダンスについていけませんね^^;)

2時間(1時間58分)という時間はあっという間でもありとても充実した時間でもありました。
私は映画は一度見たらもう十分お腹がいっぱいという気分になるのですが、「NINE」は何度でも見たい、何度見ても飽きないだろうなと思いました。
また近々友人を誘って見に行きたいと思います。





『NINE』
2010年3月19日、丸の内ピカデリー1他全国ロードショー
監督:ロブ・マーシャル
出演:ダニエル・デイ=ルイス、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ケイト・ハドソン、ニコール・キッドマン、ソフィア・ローレン、ステイシー・ファーガソン(ファーギー)
配給:角川エンタテインメント、松竹
posted by しほ at 01:42| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。