スポンサードリンク





2009年10月30日

SSOK(ソック)卸問屋 箕面

SSOKというのは卸問屋です。
総合衣料品・身の回り品・その他生活関連用品が卸売価格で販売されています。

大阪では船場にも卸売問屋があるので(船場センタービルなど)そういった雰囲気を想像して間違いないと思います。

商品によって本当に安いものもあれば他の卸売の方が安いものもありますが船場になると本当に業者でなくては購入不可のお店が多いので、一般の人で卸売価格で購入できるというところは魅力的であります。

SSOKでお買い物が出来るのは会員のみ。
会員は「特約店様」と呼ばれています。
NEC_2791.JPG
以前は限られた人しか会員になれなかったのですが最近では紹介などがあれば簡単に登録が出来ます。
会員数が増えたので土日祝日は恐ろしいほど混雑しています。
抽選会などのイベントが重なるとうんざりするほど。

昔は子供の入店も不可でしたが最近ではそういうわけにもいかないようで子供たちが走り回っています。
静かにお買い物をしたいお客さんたちに白い目で見られていますが。。。

やはりゆっくりお買い物をするにはイベントがない平日がお薦めです。
お客さんの層もゆったりした方が多いのでイライラせずに済みます。


SSOKが紹介キャンペーンをしている時になるのでいつご紹介できるか分かりませんが、SSOKの会員になりたいなと思う方は私に声をかけてくださればご紹介できますよ^^
紹介状は手渡しになりますので必然的に私を知っている方になりますが・・・。

所在地:〒562-8566大阪府箕面市船場東2-2-2
電話番号:072-729-3531(大代)
posted by しほ at 01:31| ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

ガレリアかめおか (GALLERIA KAMEOKA)道の駅

ガレリアかめおかに行きました。
亀岡に行くと必ず立ち寄る道の駅です。
コロッケと唐揚げがおいしいんです^^
(→グルメのブログはこちら)

ガレリアかめおかは道の駅と生涯学習施設がくっついているのでかなり広いスペースです。
貸し会場や各種イベント(クリスマスライブやそば打ち体験やてんこく教室など)も行っているそうです。
市民の憩いの場ですね^^
駐車場も広く止めやすいです。
DSCF3686.JPG

物産市場「アトリオ」地元の農家の方が作った野菜や特産品を購入することが出来ます。
DSCF3685.JPG
亀岡牛・黒豆・丹波栗などの亀岡名産品や特製亀岡牛コロッケなどもあります。



レストランガレリア
亀岡近郊の特選素材を使ったお料理が味わえるそうです。
平日限定の「日替わり定食」、土日・祝日限定の「ランチバイキング」も好評だそう。
予約も可能です。
 【営業時間】  11:00〜18:00
  ※15:00〜は喫茶、軽食タイム
 【休 業 日】  毎月第4木曜日(定休日)
          年末年始(お問い合わせ下さい)
 【お問い合わせ】
  TEL 0771−24−9334


●大浴場
打たせ湯、寝湯、ジャグジーなどがある大浴場。
休憩室もあり。
【料 金】
 大人 500円  小人(14歳未満) 250円
 シャンプー:30円  リンス:30円  
 ボディーシャンプー:40円
 タオル:200円   カミソリ:60円
 ※タオル、シャンプー等はご持参いただくか、
   受付でお買い求めください。

 【営業時間】  11:00〜21:00
  ※受付は20:00まで 
 【休 業 日】  毎月第4木曜日
          年末年始(12/29〜1/3)
 【お問い合わせ】
  TEL 0771−29−2700

レストラン・大浴場は利用したことがないのですが一度は利用したいなと思っています。





ガレリアかめおか(GALLERIA KAMEOKA)
路線名:国道9号
所在地:京都府亀岡市余部町宝久保1-1
電話番号:0771-29-2700
FAX:0771-25-5881
開設時間:9:00〜22:00
休館日:年末年始・毎月第4木曜日 トイレ・駐車場・公衆電話は24時間利用可能


posted by しほ at 01:32| 京都府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

だまし絵展の感想 兵庫県立美術館  神戸市中央区

兵庫県立美術館で開催されているだまし絵展に行きました。
兵庫県立美術館の最寄り駅は
 JR灘駅
 阪急王子公園駅
 市営地下鉄・山陽・神戸電鉄岩屋駅
高槻市からならJRが早くて便利です。

兵庫県立美術館の行き方はJR灘駅を下車すると道なりにまっすぐです。
DSCF3610.JPG
徒歩10分程度。
坂道を下りきったところに兵庫県立美術館があります。
DSCF3611.JPG
DSCF3612.JPGDSCF3613.JPG

私が行ったのは日曜日。
チケット売り場は10分待ちでした。
事前にチケットを購入していたので並ばずスムーズに入れました。
NEC_2668.JPG

館内は大変混雑していました。
日曜日の12時ごろだったのでピークの時間だったのでしょうか?
美術品を見るより人間の数の方が多かったです(笑)
スリ足で歩かないと他人の足を踏んでしまいそうでした。

入口には大人向けの作品リストの他、子供向け鑑賞用ワークシートがありました。
NEC_2669.JPG
とてもわかりやすく解説されており、文字も大きく見やすいです。
子供だけでなく大人でも参考になりますよ。

目の錯覚が楽しめるので展示品はとても面白く大人から子供まで楽しめます。
美術館でこれだけ賑やかなのはあまりないでしょう。
もちろん絵画としても素晴らしく贅沢な空間でした。

私はエッシャーが大好きなので20世紀の絵画が特に楽しみでした。
会場の一番最後のコーナーなので、20世紀絵画を楽しみにされている方は余力を残して回られた方がいいですよ^^

迫力があったのは大きな顔、チャッククローズ「ジョー」
写真家と思えば絵画です。
驚きでした。

そして一番心がワクワクしたのが動く絵画、パトリックヒューズ「水の都」
遠目で見ると絵がついてくるのです。
仕掛けを知らなかったので、絵の前で行ったり来たり屈伸したりしてしまいました。
遠近法を利用した面白い作品です。
ミニチュア版があれば家で飾りたい!と思ってしまうほど。

私は美術展などに出かけると必ず図録を購入します。(2200円)
NEC_2670.JPG
だまし絵展の図録の表紙は、一般的なものと違いシンプル。
可愛らしいお花やフルーツが描かれているだけ。
一般的な図録の表紙は、展覧会の代表作品が表紙に来るものですが。。。

と思い開いてみるとしてやられました^^
NEC_2671.JPG
代表作のジュゼッペ・アルチンボルドの「ウェルトゥヌス(ルドルフ2世)」がありました。
ここまで抜かりがないというのは嬉しい限り^−^

2200円で家でも楽しめるのはお得感がありました。

いつもその場で購入するのですがインターネットからでも購入できるようです。
兵庫県立美術館のホームページ(http://www.artm.pref.hyogo.jp/zuroku/t0908.html)から申込可能。
振込などの手間と手数料などがかかり高くつきますが、重たくてかさばる図録を持ち歩かなくていいので便利ですね。





だまし絵展
開催期間:2009年8月26日(水)〜11月3日(火・祝)
開館時間:午前10時から午後6時(金・土曜日は午後8時まで) 入場は閉館30分前まで
入場料
 一般1300(1100)円 
 大・高生900(700)円 
 中・小生500(300)円
( )内は前売りおよび20名以上の団体割引料金
※兵庫県内に在住・在学の中・小生はココロンカードの提示により無料
※障害者の方(介護の方1名も)および兵庫県内在住の65歳以上の方は当日料金の半額


兵庫県立美術館
所在地:〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1丁目1番1号
電話番号:078-262-0901
FAX:078-262-0903
posted by しほ at 00:14| 美術・展覧会・展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。